若さを保つのに効果的?

若さを保つのに効果的?

先ほども少し触れましたが、セサミンには体内の活性酸素を減らして酸化を防止してくれる働きがありますので、アンチエイジングや若さを保つのに大切な栄養素として、近年、美容の観点などからも注目されている栄養素です。
私たちの身体はそもそもなぜ老化するのでしょうか?
結論から言って、醜く老化してしまう原因は、紫外線と活性酸素にあると言っても過言ではありません。

 

私たち地球上の生き物は太陽の光を浴びて生活をしなくては生きられませんが、その一方で太陽から降り注ぐ紫外線の害に常にさらされています。
紫外線は、肌を貫通して組織や細胞を傷つけますので、乾燥肌や肌荒れの原因ともなりますし、皮下組織にあるメラノサイトという器官が、紫外線から肌を守ろうとメラニン色素を通常より多く分泌します。

 

これによって日焼けが生じるわけですが、メラニン色素が部分的に分泌されて、それが長い間肌に定着してしまったものが、シミやそばかすと言われる肌トラブルの原因となっています。
さらには、紫外線の長期的なダメージによって肌がたるんだりシワが濃くなったりします。

の紫外線の厄介なところは、刺激を受ける事によって体内に活性酸素ができてしまうという事です。
皮膚がんなどの原因は紫外線の浴び過ぎで活性酸素ができてしまった事が原因で、セサミンには、この活性酸素を抑えてくれる効果によって、わたしたちの老化の元凶である活性酸素に負けない身体を作ってくれているのです。

老化・加齢・体調が気になる人に人気のセサミンサプリ

セサミンといえばサントリー。
80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎が愛用していることでも有名です。
もともとセサミンという成分をはじめてサプリメントにしたパイオニアであり、成分・品質など信頼感はダントツです。
「実感試験で結果がでなければ発売延期もあった」というほど、飲んだ人の「実感」にこだわったセサミンサプリ
詳細はこちらクリック!

【ご注意】※他のサイトへリンクしています。※サプリメントは健康食品であり医薬品のような効果を期待するものではありません。購入にあたっては公式サイトの情報をよくお読みください。

若さを保つのに効果的?関連ページ

ごま油などに含まれる健康成分
ごま油などに含まれる健康成分、それがセサミンです。
肝臓でつくられる活性酸素を減らす働き
人間は金属ではありませんが、酸素を取り入れたり隣接しているものには必ず酸化(サビ)がきます。ゴマに含まれるセサミンには、肝臓で作られる活性酸素を減らして酸化を防止する働きが?
セサミンの必要量
セサミンの1日に必要な摂取量の目安はだいたい10mgと言われています。
セサミンを多く含む食物
セサミンを多く含む食物はやっぱりゴマ?
サントリーが抽出に成功したセサミン
サントリーはセサミンの研究から独自の技術でセサミンを抽出する事に成功。